ジムでのトレーニング

now browsing by category

 

プライベートジムで柔軟性を高めたい

パーソナルトレーナージムでトレーニングをするにも、体が硬いと怪我をしたり筋を痛めたりという原因になります。

生まれたばかりの赤ちゃんは柔軟性が高いのですが、みなさんも赤ちゃんの頃は柔軟性があったはずです。

成長するにつれて適度に運動をしていれば柔軟性も維持できますが、運動量が減って行けば柔軟性も失われていきますし、加齢でも柔軟性は低下していきます。

プライベートジムに通う場合は、最初にある程度その人の体力や筋力、柔軟性なども確認してもらえますので、体が硬い人はそれも伝えておきましょう。

体が硬くてもストレッチやトレーニングをしていく過程で、柔軟性はある程度取り戻せます。

自分でもお風呂上がりに屈伸などをするのも大切ですが、体が硬いとトレーニングにも影響が出る可能性がありますし、無理をすれば筋を痛める事もあります。

柔軟性を高めたい人も、プライベートジムでマンツーマン指導を受ければ、体を柔らかくするのも可能です。

どんなトレーニングにも言える事ですが、目標に合わせて最適なメニューを提案してもらえば、無駄な動きもなくなりますし、無茶をして怪我をするリスクも軽減できます。

効率よく目標を達成しやすいのも、プライベートジム人気の理由です。

一度ジムで指導をしてもらえば、日常生活も悪いところを改善できるので、その後もいい生活を送る事ができます。

食事なども指示に従えば、次に自分でダイエットする時にも役立ちますね。

プライベートジムで自分に合わせたトレーニング

プライベートジムは、はっきり言ってかなりの費用がかかります。

期間によっても費用は変わりますし、ジム毎の料金の違いもあるため、いくらとは決まっていません。

大体の相場としては2ヶ月で約30万円前後となっています。

一般的なスポーツクラブに比べるとかなり高いような気もしますが、高いのには理由もあります。

まずパーソナルトレーナーが自分の専任となってくれて、マンツーマン指導が受けられます。

初回にはカウンセリングを行い、太った理由や生活習慣などを徹底解明しますので、その後のメニュー作りにも役立ちます。

人により体質なども違いますから、メニューはひとりひとり違います。

プライベートジムに通うのは何も痩せたい人だけではありません。

細くて筋肉がない人が筋肉を付けボディメイクしたいという目的で通う人もいます。

筋肉は使えば大きくなるという事でもなく、筋肉に必要な栄養素を摂らないと筋肉が育たない事もあります。

プライベートジムのトレーナーは、栄養学なども学んでいるので食事管理も徹底して行われます。

理想の筋肉を付けるためにはトレーニングは欠かせませんが、筋肉は酷使するとダメージが大きくなり鍛えられなくなる事があります。

ハードなトレーニングをこなした翌日は、筋肉を休ませる事も必要なので、鍛えすぎず適度に鍛えるのもポイントです。

こういうところは素人では見極めが難しいのですが、プロのマンツーマン指導があれば心強い見方となってくれます。

プライベートジムのコースにはどんな種類があるの?

プライベートジムのコースは実に様々です。

ひとりひとりが違う体質、脂肪のつき方、体力や基礎代謝の高さが違うように、プライベートジムでは個人に合わせたプログラムを設定しますので、基本的なコースはあっても、ほとんどがオリジナルのコースになります。

ただしコースという意味で見ると、期間はある程度きまっていて、その期間内にいかに結果を出すかというのが最大のポイントです。

プライベートジムでは専属のトレーナーがマンツーマン指導をしてくれますが、ジムで行うトレーニングだけがメニューではありません。

自宅での過ごし方や食事内容まですべて管理しなければいけないのです。

ジムでカロリーを消費したからと、家に帰り暴飲暴食をしていては、その日のトレーニングもすべて水の泡となってしまいます。

カロリーを消費しても、必要な栄養を適度に補い、プラスのカロリーを作らない事が大切です。

《Check!》→筋肥大(バルクアップ)のための食事プログラム|筋肥大に効果的な筋トレの食事を徹底解説!

また人により基礎代謝も違いますので、同じ時間トレーニングをしても燃える脂肪の量は違います。

脂肪の燃え方が低い人は、トレーニング以外にも自宅でのストレッチや簡単なエクササイズ、食事から脂肪を燃やしやすくします。

バランスが重要になるので、ジムでのトレーニングだけでは不十分なのです。

期間などはコースによる違いもありますが、トレーナーと相談しながら自分に合ったコースを選び、それをいかにクリアするかも重要です。

ジム選びもポイントになりますが、トレーナーとの相性も意外と重要です。